炎に清められた鶏肉

ハースストーン

「MEG ザ・モンスター」観たからレビューするよ【微ネタバレ】

f:id:trinikuHS:20180909004000j:image

MEG ザ・モンスター」もとい「SVM(ステイサムvsメガロドン)」を評価するよ。観た人とか観る予定がない人むけだからちょっとネタバレがあるよ!嫌な人は映画観てから見ようね!

 

 

1.あらすじ

メガロドンが出た!

逃げろ!

ぶっ殺す!

〜Fin〜

 

大体こんな感じだよ。中途半端な家族愛とか恋愛とか含むけどクソ出来悪いからスルーしていいよ。やっぱりアクション映画に複雑なストーリーなんていらないんや!中途半端になるしアクションのテンポ悪くなるしね!

 

 

2.評価

◎悪いところ

まず登場人物が全員馬鹿だし「これはおかしいでしょ!」とかいう場面がめっちゃ多いよ。でもそもそもアクションとかCGがヤバイぜ!っていう映画は思考を止めて子供に戻って「Fooooooooo!!」ってする映画だと思ってるし別にそんな悪いところではないんじゃない?(適当)

 

次にメガロドンがそんなチョー大暴れしないよ。いやまあ暴れるところが全然ないって訳ではないけど、もっと犠牲者増やしたり

水面からメガロドンが飛び跳ねてヘリコプターをぶっ壊したり

f:id:trinikuHS:20180909024507j:image

↑「メガシャークvsジャイアントオクトパス」より

船を攻撃しまくって破壊&爆発!

f:id:trinikuHS:20180909024910j:image

↑「メガシャークvsクロコザウルス」より

とかいうシーンをもうちょっと増やしてもいいんじゃない?メガシャークシリーズのパクリだって?うるせえ!

 

次。米中"共同製作"ってところ。要するに中国側が中国俳優活躍させたいから、こっちはステイサムとメガロドンが戦うところを出来るだけ長時間観たいのにヒロインが全メガロドンとの戦いのシーンの内2割くらいを奪ってるよ。あと中途半端な家族愛のシーンがちょっとだけ含まれるのはこれのせいかもね。別に中国が嫌いだからとかそういう話ではないから中国のところを日本に置き換えたとしても評価は変わらないよ。

そうそう。中国アレルギーの方は観てしまうとアナフィラキシーショックで最悪死に至るので観ないでください。申し訳ないのですがこの映画は娯楽物にまで右な反応をしてしまう特殊な方に配慮できていないのです。

 

ここからは「ここが悪い!」ではなくて9割わがままだよ。個人的な感想だよ。どうでもいいよ。

 

ラストが個人的に微妙だよ。『個人的に』だからもちろん人によっては最高だった!ってなると思うよ。観たことないような終わり方だけどさ。どういう終わり方かというのを例えるとするなら「ジョジョ4部」みたいな感じだよ。(10月からアニメ「ジョジョ5部」放送開始だよ!見ようね!) 普通のサメ映画なら凝ってていいENDだけどさ、せっかくのステイサムvsメガロドンなんだし派手に大爆発ENDでよかったんじゃない?つまり何が言いたいかというと「ぼくはステイサムが"Son of a bitch."って感じの決め台詞言ってロケラン発射、からのメガロドンは爆発四散っていうENDが観たかったです!!」というただの願望だよ!

 

最後にお約束についてだよ。

一つ目はサメ映画のお約束であるパイオツカイデーパツキンビキニのチャンネーはヒロイン役としてでも序盤の餌役としてでも登場しないよ。クソが!あとポロリもないよ。ファック!(まあこれに関しては割とどうでもいいよ)

二つ目は「ぽっちゃりと黒人は生きてるだけで死亡フラグ」というホラー映画のお約束だよ。そのまんまぽっちゃり黒人が登場するんだけど更に特徴やら台詞やらがもう死亡フラグのバーゲンセール状態で「これは間違いなく死んだな!」っていうのを観客に確信させる人物になっているよ。まあ死亡フラグは回収されないんだけどね。恐らくこれはディープブルーのオマージュだよ〜って見せたかった製作の意図だろうね。でもディープブルーの最強黒人コックみたいにアクションを起こしてフラグをバッキバキにおるんじゃなくて、何もせずにフラグをスルーするよ。うん、ほんとに何もしないよ。よ〜く思い出してみると確かに主人公グループがメガロドン接触しに行くときに同行してはいるけど、コイツはほぼずっとメガロドンに攻撃され得ない場所にいるな…。そしてコイツの唯一の見せ場はドッキリを仕掛けた仲間に対してギャグで煽るところ…。つまり彼の仕事はただ観客に緊迫感を持たせたり緊張感を陽気な雰囲気に変えるためのただのモブ役、というか最早餌の形をしたBGM役だよ。ということは私は安全地帯で死亡フラグ建てまくるクソモブBGM野郎にまんまと踊らされてたわけだ。そんでもって監督に「どうだ!ディープブルーのオマージュだぞ!うれしいだろぉ?」とドヤ顔で煽られてるわけだ。そう考えると段々と腹が立ってきて…。「何かしたわけでもない・対して危険に冒されてないやつが死亡フラグ建てに建てまくったのに死なないっていうのは驚愕じゃなくて拍子抜けだクソッタレが!サメに襲われながらも活躍しまくったプリーチャーと一緒にすんじゃねえ!○ね!クソゴミカスうんこちんこバカアホゴミクズうんこちんこマヌケ野郎!」

以上、被害妄想たっぷりのクソどうでもいい怒りの長文でした。

 

◎良いところ

ステイサムとメガロドンが登場しててさらにステイサムとメガロドンが戦うよ!しかもクオリティ高くて長時間!

 

これだけだよ。でもこれだけで十分じゃない?十分だよ!あとステイサムかメガロドンのどっちかが無双するわけではなく、ちゃんと一進一退の攻防を見せてくれるよ!最高だぜ!!あとあとメガロドンと戦っていないとかでもステイサムの台詞はいちいちカッコいいよ!惚れるぜ!!あとあとあとパイオツカイデーパツキンビキニのチャンネーが登場しておっぱいポロリしない代わりに、胸筋カイデー筋肉モリモリマッチョマンのステイサムがおっぱいポロリするよ!やったぜ!!!!

 

あと個人的な加点ポイントとして日本人のマシ・オカが出てるよ。

f:id:trinikuHS:20180909110053j:image

しかも結構美味しい役だよ。ほんとに個人的にだけど日本訛りの英語がとても美しいしこの映画で演じていた陽気で時として勇敢な役にとてもあっていてすごくよかった。

 

 

3.まとめ

まず点数をつけるとしたら

100点満点中70点

だよ。

 

悪いところは結構あるけどそれはテレビで挟まれるCMみたいなもので、メインであるステイサムvsメガロドンはしっかり作られてるしドキドキワクワクするよ!

ただまあCM的存在が結構長いから期待しすぎると「面白くない!」ってなるかもしれん。だからハードル下げまくって小学生の気持ちになって観るのがオススメ。興行収入ジョーズに勝ってるからって「ジョーズより絶対面白い!」なんて思って観に行っちゃダメね。ジャンル違うから比較できないけど。

あとスプラッタ表現はほとんどないから苦手な人とか子供でも安心して観れるよ!逆に「血のりが足りねえ!」っていう奴!クソデカシャークくんにほぼ丸呑みにされるんだから当たり前だろ!!マーターズでも観てろ!!

 

 

 

この評価読んで「こんな映画観る予定ねえよ!」っていうそこのお前!財布は持ったか!さあ観に行ってこい!家の中でサメに食われたくなければな!!

f:id:trinikuHS:20180909050711j:image

 

以下4つは宿題のガチ名作サメ映画です。観てないものがあったら観てくるように。

f:id:trinikuHS:20180909052741j:image

f:id:trinikuHS:20180909052811j:image

f:id:trinikuHS:20180909053558j:image

f:id:trinikuHS:20180909053602j:image

サメ映画好きな人にサメ映画のtop10教えてって聞いたらどうあがいてもこの4作はランクインするよね。例の人の影響とかもあるだろうけどそもそも人を万人ウケする良作サメ映画がこれくらいしかねえ!

f:id:trinikuHS:20180909083527p:image

↑歴代サメ映画興行収入ランキング

(このランキングにない奴だと「パニックマーケット」がオススメだよ)

 

4.おまけ(本編)

f:id:trinikuHS:20180909054148j:image

11月2日、シャークネード完結作

シャークネード

              ラスト・チェーンソー

_人人人人人人人_
> 日本限定で <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

f:id:trinikuHS:20180909055114j:image

ユナイテッド・シネマシネプレックス

f:id:trinikuHS:20180909055457p:image

でロードショー!!

 

観に行かない手はないな!

ちなみに「シャークネード ラスト・チェーンソー」通称「シャークネード6」の前作の「シャークネード5」がアンパンマンで例えるなら「新しい顔よ!」のところで終わったから

f:id:trinikuHS:20180909061503p:image

たぶん6はアンパンマンバイキンマンに反撃するところから始まるよ。つまり5と6はほぼ100%前後編の関係になっていると見て間違いないよ。

だから5を見てから観に行くのがオススメ。というかおそらく観なきゃ全然わからん。

さらに5はシャークネードの面白さが掴みにくいよ。その上主人公とその他登場人物の紹介・関係の解説が微塵もされないから、5と6しか見なかった場合「それぞれの関係と職業などを当てるゲーム」をさせられてる気分を味わうことになるよ。だから1〜4も観ようね!

 

B級映画だけど"B級"は「質の悪い」ではなく「低予算」という意味だから全国ロードショーされるような映画と比べても質は一級品のパニックコメディだし観て面白かった!ってなる人はとても多いと思うよ。

ただ当然だけど「コメディが嫌いだ!」とか「お馬鹿なテーマは幼稚だ!」とか「台風をテーマにしたり人が死ぬのを見て笑うなんて不謹慎だ!」とか思う人は観ない方がいいよ。あと人によってはスプラッタだと思うかもしれないシーンがあるよ。アニメ北斗の拳でグロい!無理!ってなる人も観ない方がいいよ。

 

そしてそれ以外の人はようこそシャークネードの世界へ!!というわけで観ようと思った人に注意というかお願いだけど1を見てから2以降を観るか判断するんじゃなくて、2まで観てから3以降観るか判断して欲しい!正直1は平凡またはつまらないと感じる人が多いよ。まあね、1は予算が足りないんや。対して2以降は前作のカルト的ヒットで得た金をぶち込んでやるぜ!って感じで予算が増えたからテンポも派手さもパワーアップしてるよ!だから2が好きかどうかでシャークネードを楽しめるかが決まるんよね。というわけで1→2と見て、最悪2だけ観る全部観るか決めてちょ。

 

もし観て「ハマった!」って方!ようこそサメ映画の世界へ!

 

そして観なかった奴!

観なかったせいでサメに襲われたとき対処法がわからずに地獄に落ちることになるだろう。

 

字幕:アンゼたかし